食べたい郷土料理、1位は「ひつまぶし」

1000人が選んだ食べたい郷土料理

マルハニチロは2015年6月3日(水)、「和食・日本料理に関する調査」の結果を発表。「食べたい日本の郷土料理」1位は愛知「ひつまぶし」だったことを明らかにしました。同社が5月9日から5日間、全国の15~69歳の男女各500人に対しインターネットリサーチを実施。1000名の有効回答サンプルを集計したものです。

複数回答形式で「食べたい・食べてみたいと思う日本各地の郷土料理」について調査が行われ、「ひつまぶし」は46.5%の人が「食べたい・食べてみたい」としました。詳細は以下の通りです(上位20項目を抜粋)。

1位:ひつまぶし(愛知) 46.5%
2位:讃岐うどん(香川) 46.0%
3位:うなぎの蒲焼き(静岡) 40.0%
4位:かつおのたたき(高知) 37.0%
5位:信州そば(長野) 36.8%
6位:きりたんぽ鍋(秋田) 34.2%
7位:しらす丼(神奈川) 33.2%
8位:かに汁(鳥取) 32.7%
9位:ふく料理(山口) 30.9%
10位:馬刺し(熊本) 29.8%
11位:カキの土手鍋(広島) 29.2%
12位:鶏飯(鹿児島) 28.4%
13位:きつねうどん(大阪) 27.5%
14位:沖縄そば(沖縄) 27.4%
15位:水炊き(福岡) 26.0%
16位:しじみ汁(島根) 25.8%
17位:ほうとう(山梨) 25.3%
18位:ちゃんちゃん焼き(北海道) 24.5%
19位:鯨の竜田揚げ(和歌山) 24.3%
20位:ます寿し(富山) 23.9%

ベスト3にうなぎ料理がふたつランクインする結果になりました。

出典元はコチラ