変わった名前の郷土料理

すっぽこ汁イメージ すっぽこ汁(宮城県)
精進料理として遠田地方に伝わる郷土料理で,季節の野菜・油揚げ・こんにゃく等に温麺を加え,くずあんでとろみをつけた汁物。宮城県南部ではよく似た料理を「おくずかけ」とよぶ。

にんじゃ汁イメージ にんじゃ汁(青森県)
もともとは、ニンジンを使うため「にんざん汁(人参汁)」と呼んでいたが、変じて「にんじゃ汁」と呼ばれるようになった、津軽地方の味噌汁。干しダラ、金時豆、根昆布、焼き干しなどを煮込んだ具だくさんの味噌汁は、武家時代の殿様が、勝ち戦の祝いに部下たちにふるまったもの。今では冬場や田植えで冷えた体を温めたい時に作られる。

柳ばっとイメージ 柳ばっと(岩手県)
岩手県北部のそばを使った郷土料理のひとつ。 そばのだんごを野菜たっぷりの汁で煮込んだ料理。 江戸時代、南部藩によって農民はそばを食べることを禁止されており、そば粉で柳の形の団子を作って食べ続けた。「柳ばっと」の「ばっと」は、この禁を犯した「法度」からきているとのこと。

スキー汁イメージ スキー汁(新潟県)
スキー発祥の地と言われる新潟県上越市の名物味噌汁。明治45年ごろ、スキー客にふるまうために作られたもので、豚肉、ダイコン、ニンジン、ゴボウ、コンニャクや豆腐を入れた汁物はまるで「豚汁」のようだが、こちらはサツマイモを使うのが特徴。昔は豚肉の代わりにキジやウサギの肉を使ったそうだ。

すんき汁イメージ すんき汁(長野県)
長野県木曽地方に伝わる味噌汁。すんきとは、赤カブ菜の漬物のことで、塩を使わず、乳酸菌発酵の作用だけで漬けた、全国でも大変珍しい漬物。もとは京都のすぐき漬けが伝わったものだが、塩分がないので、そのまま食べるだけでなく、味噌汁の具にも重宝されている。味噌の塩分とすんきの酸味が程よくマッチした飲みやすい味噌汁だ。

ねじイメージ ねじ(埼玉県)
小麦粉でできたうどん状のものををあずきでからめたおやつ。からめたときにうどんがねじれるところから名がついたか?

じょじょ切りイメージ じょじょ切り(愛知県)
じょじょ」とはもともと「どじょう」の意味。小麦粉を練って作った細長いうどんの形がどじょうに似ているところから。ささげと一緒に甘く煮ます。

へぼめしイメージ へぼめし(岐阜県)
「へぼ」とは地蜂(クロスズメバチ)のこと。成虫と幼虫を分けてそれぞれ乾煎りしたものを合わせて,砂糖,醤油,酒で汁気がなくなるまで煮付けますご飯に混ぜ合わせる。

どろがめ汁イメージ どろがめ汁(滋賀県)
滋賀県近江八幡市に伝わる味噌汁。白ゴマを良くすり、さらに味噌を加えてすったものを鍋に移し、水と縦半分に切ったナスを加えてよく煮込んだもの。「泥亀」とは、たっぷりのゴマで濁った汁に浮いたナスを、池の亀に例えた呼称。栄養価が高いため、よく働く近江商人たちが、暑い夏をのりきるために飲む、夏バテ防止料理だったという。

しきしきイメージ しきしき(奈良県)
小麦と砂糖を卵で溶いたものを薄く延ばしてクレープのように焼いた奈良地方のおやつ。
からいもんねったぼ(鹿児島県)
蒸したサツマイモともち米を混ぜてつき、丸めてきな粉をつけたお餅。「からいも=さつまいも」の「ねったの」。 地域によっては「からいももち」「ひっきゃげ」「としかさ」とも。

ぽーぽーイメージ ぽーぽー(沖縄県)
水で溶いた小麦粉を薄く焼いた皮に、油みそやソースを塗りくるくる巻いた、いわばクレープのようなお菓子。黒糖を使った「チンビン」も美味で、老若男女に人気のおやつです。