沖縄県の郷土料理

ジューシーイメージ ジューシー
ジューシーとは沖縄の郷土料理。
ジューシーとは「雑炊」を意味する沖縄の方言だが、沖縄では通常の炊き込みご飯も、水分の多いいわゆる一般の雑炊も全て「ジューシー」と呼んでいる。
ラードやマーガリンなどを大量に使うため濃厚な味付けが特徴で、ピラフやチャーハン風である。
よもぎを使った「フーチバージューシー」や、いかすみで作る「クリジューシー」などのバリエーションがある。

サーターアンダーギーイメージ サーターアンダーギー
サーターアンダーギーは、沖縄県の郷土菓子で、砂糖と卵をたっぷり使った生地をボール形にして揚げたもの。揚げドーナツのひとつ。
沖縄の方言で、砂糖は「サーター」、油は「アンダ」、揚げるは「アギー」と言う事から、「砂糖入り揚げ菓子」を意味する。別名で「砂糖天ぷら」とも呼ばれる。
表面はサクサク、中はシットリとした食感が特徴。時間をかけて中まで揚げる事から日持ちが長い。生地には、カボチャ、紅芋などを入れたバリエーションも。

アーサ汁イメージ アーサ汁
アーサ汁とは、「あおさのり(アーサ)」を具に作る沖縄県特有の汁物料理。
アーサと豆腐などを具に、かつおだしでだしをとり塩・胡椒で味付けをする。味噌は使わない。
春に旬を迎えるアーサは、ビタミン類やたんぱく質、ミネラルなどを多く含み栄養価が高い。
沖縄ではハレの日には欠かす事の出来ない一品。沖縄料理店などのメニューとして出される事も多い。

ジーマーミ豆腐イメージ ジーマーミ豆腐
ジーマーミ豆腐とは、ピーナッツ(落花生)を使った沖縄の郷土料理。「ジーマーミ」とはピーナッツの沖縄の方言。
ピーナッツの絞り汁にさつま芋の澱粉を加えて作る。名前に「豆腐」とつくが、大豆は使われていない。
通常の豆腐などに比べ、もちもちとした食感が特徴。胡麻豆腐に近く、胡麻豆腐の胡麻をピーナッツに、葛粉を芋くずに置き換えたような料理である。
沖縄県内のスーパーなどで販売されている。

ラフティイメージ ラフティ
ラフティとは、豚の角煮に似た沖縄県の郷土料理。甘辛く濃い味付けで、豚肉は大変柔らかく箸でそのまま食べられる。
皮付きの三枚肉をある程度の大きさのまま使い、泡盛、しょう油、かつおや昆布の出汁、砂糖などをあわせた汁で数時間弱火でコトコト煮込んで作る。
元々は琉球王朝の宮廷料理として始まった。現在では沖縄料理店で主に観光客などに食べられている。

1・2