鹿児島県の郷土料理

かるかんイメージ かるかん
かるかんとは、米の粉、砂糖、山芋などの原料に水を加えて蒸したもので、主に鹿児島県で食べられている九州名物の郷土菓子。弾力性のある白いスポンジが特徴。
名前の由来には諸説があるが、漢字で「軽羹」と表記する通り「軽い羹」という意味から来ているとされる。
その発祥は、1686年から1715年にかけての江戸時代中期。薩摩藩では原料の山芋が藩内のシラス台地で自生し、琉球や奄美群島の砂糖も入手しやすかった事から、同じく鹿児島県の郷土菓子「ふくれ菓子」を元に作られたと言われている。

かからん団子イメージ かからん団子
かからん団子とは、よもぎ、または小豆などを練りこんだ餅を黒餡などで包み、かからんの葉で包んだ草餅で、鹿児島県の薩摩半島や大隅半島、種子島、屋久島などで食べられている郷土菓子。
地域により、さつまいもや黒砂糖を入れる場合もある。
地元では、端午の節句に欠かせない「あくまき」と共に食べられる他、お土産品としても販売されている。

ふくれ菓子イメージ ふくれ菓子
ふくれ菓子とは、黒砂糖、小麦粉、鶏卵、重曹などを水で溶き混ぜ合わせ、形を整えて蒸した茶褐色の蒸しパン風菓子。鹿児島県やその周辺で食べられている。
おやつとして各家庭で作られている他、現在は菓子パンとしてスーパーなどでも販売されている。

茶節イメージ 茶節
茶節とは、かつお節、味噌、ねぎ、生姜、卵などを混ぜ入れ、緑茶または熱湯をかけて食べる料理で、鹿児島県指宿市など薩摩半島南部に伝わる郷土料理。かつお節は出汁でもあり具でもあるため、そのまま食べてもよい。
短時間で簡単に作って食べる事ができ、また体が温まる事から朝食として食べられる事が多い。また地元の恒例行事である「いぶすき菜の花マラソン」などのイベントなどでも振舞われる事がある。

酒寿司イメージ 酒寿司
地鶏の炭火焼きとは、一口大にした地鶏に塩こしょうをし、強火の炭火でこんがりと焼き上げたもの。炭火の独特の香りが特徴。
低脂肪、低カロリー、低コレステロールの健康食としても知られる。
元々、古くから宮崎県で飼育されていた「地頭鶏」が天然記念物に指定されたため、新たに食用として産み出された地鶏が「みやざき地頭鶏(じとっこ)」となり、宮崎を代表する地鶏となった。また、宮崎は備長炭の生産も盛んに行われている。

1・2