宮崎県の郷土料理

チキン南蛮イメージ チキン南蛮
チキン南蛮とは、揚げた鶏肉を酢とタルタルソースで味付けしたもので、宮崎県延岡市発祥の料理。
起源は昭和30年代頃、宮崎県延岡市にあった洋食店の賄い料理が始まりとされる。当初は衣を付けて揚げた鶏肉を甘酢にさっと浸したもので、「魚の南蛮漬け」のようである事から「南蛮」と名付けられたとされる。

魚うどんイメージ 魚うどん
魚うどんとは、トビウオのすり身に小麦粉を加えて麺状にしたうどんで、宮崎県日南市に伝わる郷土料理。つゆもトビウオの骨からとった出汁が使われる。
元々は食料不足だった戦時中に、近海で獲れる魚を利用してうどんを作ったのが始まり。現在は、地元の朝市などで食べる事ができる。

おび天イメージ おび天
おび天とは、いわし、あじ、さば、とびうお、さわらなど日向灘の近海でとれる魚を丸ごとすり身にしたものに豆腐を混ぜ、味噌や醤油、黒砂糖などを加え揚げた魚肉練り製品。いわゆる「揚げかまぼこ」の事で、宮崎県日南市飫肥地方の郷土料理。漢字表記は「飫肥天」。
見た目は「薩摩揚げ」に似ているが、豆腐が入っているため薩摩揚げに比べて食感は柔らかく少し甘め。通常、揚げたてを生姜しょう油で食べる。

レタス巻きイメージ レタス巻き
レタス巻きとは、レタスや海老、マヨネーズを使った太巻き(巻き寿司)。宮崎市松山町にある老舗の寿司屋が発祥とされる。
誕生当時は斬新な巻き寿司ととらえられていたが、現在ではすっかり定着し宮崎県内ではコンビニエンスストアや惣菜店等でも広く販売されている。
このレタス巻き誕生後は、カニかまやシーチキン、イカ、めんたいこなど様々な具材を使った変わりダネの巻き寿司が登場している。

地鶏の炭火焼きイメージ 地鶏の炭火焼き
地鶏の炭火焼きとは、一口大にした地鶏に塩こしょうをし、強火の炭火でこんがりと焼き上げたもの。炭火の独特の香りが特徴。
低脂肪、低カロリー、低コレステロールの健康食としても知られる。
元々、古くから宮崎県で飼育されていた「地頭鶏」が天然記念物に指定されたため、新たに食用として産み出された地鶏が「みやざき地頭鶏(じとっこ)」となり、宮崎を代表する地鶏となった。また、宮崎は備長炭の生産も盛んに行われている。

1・2