熊本県の郷土料理

あくまきイメージ あくまき
あくまき(灰汁巻き)とは、鹿児島県、宮崎県、熊本県など南九州で、主に端午の節句などで作られる季節の郷土菓子。
一晩ほど灰汁に漬けて置いたもち米を、こちらも灰汁に漬けておいた竹の皮で包み紐で結んで、灰汁で約半日程度炊いて作る。地元ではこれを「ちまき」と呼んでいる。
だが、通常のちまきのように餡は入れずもち米のみで作る。水分が多い事から食感はもちもちとしている。また、柔らかさが持続し冷めても硬くならない。

みょうが饅頭イメージ みょうが饅頭
みょうが饅頭とは、あんを包んだ「白玉団子」をミョウガの葉で包み蒸したもので、熊本県の宇城地方や八代地方に伝わる夏の郷土菓子。
白玉粉に小麦粉(強力粉)を混ぜ、少量の塩を加え水でこね生地を作る。その生地でこし餡を包んだら、片栗粉をまぶしミョウガの葉で包んで蒸す。
地元では各家庭で伝統的に作られている他、店舗でも市販されている。

熊本ラーメンイメージ 熊本ラーメン
熊本ラーメンとは、豚骨ラーメン発祥の地である福岡から熊本市とその周辺地域に伝わったラーメン。博多よりも久留米により近い事から「久留米ラーメン」を継承しているとされる。玉名市の「玉名ラーメン」ともまた異なる。
スープは豚骨に鶏ガラをブレンドした濃厚なもの。麺は中太ストレート麺で、硬めに茹で上げるためコシが強い。

太平燕イメージ 太平燕
太平燕とは、春雨に海老、イカ、豚肉、白菜、たけのこ、きくらげなどの五目炒めを合わせ、揚げ卵を添えた熊本の郷土料理。 「タイピンエン」とも呼ぶ。
その発祥は明治時代、中国福建省福州から伝わったとされる。当初はスープだったが、春雨を使うなど日本で入手しやすい材料で作りやすいようにアレンジしていく過程で麺料理となった。

赤ど漬イメージ 赤ど漬
赤ど漬とは、熊本県の阿蘇地域で作られる「赤ど芋」の漬け物。
生姜しょう油、または青唐辛子(青こしょう)を漬け込んだしょう油などで食べる。

1・2