大分県の郷土料理【2】

やせうまイメージ やせうま
やせうまとは、小麦粉の生地をちぎって作った平らな団子を茹でたものに、きな粉と砂糖(または黒砂糖)をまぶした大分県の郷土銘菓。「痩馬(やせうま、やしょうま)」「八瀬馬」とも表記される。
そのまま、もしくは冷やして食べる。また、これを野菜類と一緒に味噌仕立ての汁で煮立てたものが、同じく大分県の郷土料理として知られる「だんご汁」となる。

城下かれいイメージ 城下かれい
城下かれいとは、大分県速見郡日出町の別府湾で主に獲れる「マコガレイ」の通称で、日出町にかつて存在した日出城(暘谷城)城下の海で獲れる事からこう呼ばれるようになった。
城下かれいは、この付近の海中の環境上泥臭さがなく、身は肉厚だが味は淡白なのが特徴。
江戸時代には武士しか食べることができず、また将軍への献上品ともされていた事から、古くより高級魚として珍重されていたとされる。
現在では、毎年5月に日出町で「城下かれい祭り」が開催されている。

きらすまめしイメージ きらすまめし
きらすまめしとは、魚の切身や野菜をしょう油などで味付けし「おから」で和えたもので、大分県臼杵市の郷土料理。
その名前から米料理と思われがちだが、「きらす」と「まめし」の二つの言葉を合わせたもので、「きらす」は「おから」、「まめし」は「まぶす」を意味する方言である事から、「おからをまぶしたもの」という意味になる。
元々は、魚をおろした後や刺身にした後の切れ端とおからで作られた料理で、質素倹約の料理法として江戸時代に生まれたとされる。

だんご汁イメージ だんご汁
だんご汁とは、小麦粉を練って作った生地をちぎってだんご状にしたものを、味噌(またはしょう油)仕立ての汁に入れて煮立てた大分県の郷土料理。
具材には、ごぼう、にんじん、しいたけ、しめじ、里芋、豚肉などが入り「豚汁」に似ている。地域によっては「だご汁」「ほうちょう」と呼ぶところもある。
また、団子をきな粉と砂糖でまぶすと「やせうま」となる。

鮑腸イメージ 鮑腸
大分市戸次地区に伝わる郷土料理。
見た目はうどんのようだが、一本のめんの長さは2メートル以上あり、この長いめんをつゆにつけて食べる。
名前の由来は諸説あるが、戦国時代、アワビ(鮑)が不漁だった時に、大友宗麟の家来が小麦粉をこねてアワビの腸に似せたものを作ったら、アワビ好きの宗麟がとても喜んだというのが最も有力。

1・2