長崎県の郷土料理

浦上そぼろイメージ 浦上そぼろ
おぼろ(千切り)より荒いので、「そうぼろ」から詰まって「そぼろ」という説と外国語がなまった物と二説があり、キリシタンの多い浦上に伝えられたから「浦上そぼろ」と言われている。
ごぼうはささがきにし、豚肉、にんじん、干ししいたけ、こんにゃくは大きめの千切り、もやしとともに干ししいたけの戻し汁で煮て、醤油、塩、砂糖で味をつけます。

ヒカドイメージ ヒカド
ヒカドとは、野菜類(大根、人参、しいたけなど)と、魚(または鶏肉)などの具材を細かく切り、煮込んでしょう油で味を付け、すりおろしたさつまいもを加えとろみを付けたスープで 長崎の冬の郷土料理。
「ヒカド」とは、肉などを「細かく刻む」という意味のポルトガル語。
元々は、宣教師や貿易に携わっていた外国人が食べていた牛肉や豚肉を使ったシチューが、次第に地元の人々にも広がり、地域でとれる野菜、鶏、魚などを使うようになって現在の様なスタイルに定着したとされる。

大村寿司イメージ 大村寿司
大村市の郷土料理の代表は大村寿しで、この料理には歴史があります。
約500年前、当時の大村領主であった「大村純伊(すみこれ)」が領地を奪回したとき、領民たちが喜び、もろぶたにご飯をひろげ、その上に魚の切り身や野菜のみじん切りなどを載せ、押しずしにして領主や将兵の食事として出し、これを脇差し(刀)で5cm角に切って食べたと言われています。現在でも各家庭では、お祝い事の度に作って食するところもあります。

トルコライスイメージ トルコライス
トルコライスは、長崎県、大阪市、神戸市などのレストランなどで見られる料理だがそれぞれ内容は異なる。
長崎のトルコライスとは、豚カツ、ピラフ、スパゲッティ、サラダを一つの皿に盛り付けた料理。長崎の洋食屋のメニューとして一般的に見られる。
隣接する佐賀県の西部地方でもまれに見られるが、それ以外の地域ではほとんど食べられていないローカルメニュー。
最近ではメディアでの紹介も増えてきている。発祥は1950年代頃とされるが、はっきりした事は判っていない。

佐世保バーガーイメージ 佐世保バーガー
佐世保バーガーとは、長崎県佐世保市名物の手作りハンバーガーの総称。注文に応じその都度手作りするため、作り置きなどをしないのが特徴。
1950年(昭和25年)頃、佐世保に進駐していた米海軍の関係者が伝えたレシピを元に作られたハンバーガーがその始まりとされる。
1999年(平成11年)に行われた旧軍港4市による物産会で、佐世保の郷土料理として市内のハンバーガー店が出店。これをきっかけに注目を集め郷土料理として見直され、徐々に知名度を上げていった。

1・23