愛媛県の郷土料理

宇和島鯛めしイメージ 宇和島鯛めし
宇和島鯛めしとは、宇和海で捕れた新鮮な鯛の刺身を、しょう油、みりん、玉子、ごま、だし汁などで作ったタレに漬け、温かいご飯にかけ薬味と共に食べる宇和島地方の郷土料理。
炊き込みの鯛めしと違い、魚の新鮮さを生かした全国でも珍しい料理。宇和海を行き来していた伊予水軍が船上で食べていた料理が起源と言われ、その後漁師の間で船上料理として受け継がれた。
2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、愛媛県の郷土料理として「じゃこ天」と共に選ばれている。

栗タルトイメージ 栗タルト
栗タルトとは、焼いたカステラ生地に栗の入ったあんを巻いて作るロールケーキ状のもので、愛媛県松山市の郷土菓子。一般的なタルトといえば、皿状にした生地にフルーツなどを盛り付ける焼き菓子のイメージが強いが、愛媛県ではこのロールケーキ状のお菓子を指す。
起源は1647年(正保4年)、松山藩主・松平定行により長崎から伝えられた事から。元々は、カステラの中にジャムが入った南蛮菓子だったが、松平定行により現在のあん入りのタルトが考案されたと考えられている。その後、久松松平家の家伝とされ、明治以降、松山の菓子司に技術が伝わり愛媛銘菓となった。

いもたきイメージ いもたき
いもたき(または、いもだき)とは、その名の通り「いも」を「炊く」事で、河川敷等の屋外で大勢で宴会などを行いながら食べる鍋料理の事。
具材は里芋や鶏肉が一般的だが、家庭や地域によって様々。
その発祥は、秋の社日に土地の神に新芋を供え、その年の豊作を祈願する風習が由来とされる。大洲市より始まったと伝えられるが、大洲市のものは、藩政時代に行われていた「お籠り」と呼ばれる親睦行事が起源とされている。現在では南予を中心とした愛媛県内でも広く行われ、秋のお月見シーズンの風物詩となっている。

いぎす豆腐イメージ いぎす豆腐
いぎす豆腐とは、海草の一種「いぎす」を生大豆粉と共に煮溶かし、しょう油などで味をつけて冷やし固めたもので、愛媛県今治市など瀬戸内海地方に伝わる郷土料理。地方によっては単に「いぎす」と呼ばれることもある。
具材は、えびや煮干し等の魚介類、にんじんやごぼう等の野菜類の他、こんにゃくやひじきなど様々で、味付けもしょう油や酢味噌など、地域や各家庭で大きく異なる。

伊予さつまイメージ 伊予さつま
伊予さつまとは、愛媛県の宇和島市内や松山市内各地でみられる、魚と味噌を使った郷土料理。単に「さつま」や「佐妻(さつま)汁」と呼ぶ事もある。
おろした魚をすりつぶし軽く焼いた後、焼き味噌に加えて再度焼く。それを煮だし汁で溶き、味を付けたこんにゃくやきゅうりを混ぜご飯や麦飯の上にかけて、刻みネギや柚子などの薬味を散らして食べる。
伊予さつまの発祥は、その名のとおり薩摩から伝わったという説や、江戸時代に南宇和郡の漁村で考案されたという説などがある。
魚の代わりにいりこを使った冷や汁など、愛媛県各地で様々なバリエーションがある。

1・23