香川県の郷土料理

まんばのけんちゃんイメージ まんばのけんちゃん
まんばのけんちゃんとは、冬が旬の高菜の一種「まんば」を煮こぼした後、約1日程水にさらして十分アクを抜いたものに、豆腐・油揚げ・天ぷら・いりこ等を入れしょう油仕立てで煮びたしにしたもの。
香川県の冬を代表する郷土料理。「まんばのけんちゃん」との呼び方は東讃地方独特のもの。「けんちゃん」は、「けんちん」がなまったもの。
西讃地方では「ひゃっかの雪花(せっか)」と呼ばれており、この他にも「まんばのけんちん」「まんばの炊いたん」などとも呼ばれる。まんばがない場合は、白菜や小松菜などで代用する場合もある。

しょうゆ豆イメージ しょうゆ豆
しょうゆ豆とは、乾燥させた「そら豆」を焙烙(ほうろく)で焦げ目がつくまで炒った後、砂糖・しょう油・みりん・唐辛子などを混ぜ合わせたタレに一晩漬けた香川県の郷土料理。
見た目は黒豆に似ているが、しょう油に漬け込んでいるため甘みは無い。おかず、酒の肴、お土産品として親しまれている。

讃岐うどんイメージ 讃岐うどん
讃岐うどんとは、香川県を代表する特産うどん。コシの強さが特徴で、ざるうどん、ぶっかけうどん、釜揚げうどん、しっぽくうどんなど様々なスタイルで食べられている。
温暖な気候に恵まれた香川県では、古くから良質な小麦や出汁の素材となるいりこ、しょう油などが豊富に作られ、塩作りにも適していた事などから、うどんやだしの原料が地元で簡単に揃い、讃岐にうどんが定着していったとされる。

おいりイメージ おいり
おいりとは、香川県西讃地方や愛媛県東部に伝わる和菓子で、餅米から作られる「あられ」の一種。「おいり豆」とも呼ばれる。
直径 1cm ほどの玉状で、桃色、緑、白、青、紫、オレンジなど様々な色がある。いわゆる「ひなあられ」に似ているが甘さは控えめ。
お土産品として販売されている他、結婚式の引き出物として出されたり、嫁入り先のご近所へのあいさつ回りで配られる事も多い。

石切寿司イメージ 石切寿司
小豆島の北部は今でも石材の産地であり、古くは大阪城築城の際、城の土台を作るため良質の石が運び出されました。
その時に多くの石工達にふるまったのが「石切ずし」の始まりで、祭りや法要などハレ食に欠かせないものとされています。

1・23