広島県の郷土料理

もみじ饅頭イメージ もみじ饅頭
もみじ饅頭とは、紅葉の名所として知られる日本三景「安芸の厳島(宮島)」の代表的な郷土菓子で、広島土産として全国的な知名度を誇る名産品。
小麦粉、卵、砂糖、蜂蜜を原料とするカステラ状の生地であんを包み、紅葉の葉をかたどった型に入れて焼き上げた焼饅頭の一種。あんは「こしあん」が基本で、その他にもつぶあん、白あん、抹茶あん、栗あん、クリームチーズ、チョコレート、カスタードクリーム、りんご、餅、芋あんなど多くのバリエーションが存在する。

お好み焼き(広島風)イメージ お好み焼き(広島風)
広島風お好み焼きとは、鉄板の上で薄く焼いた小麦粉の生地に、大量のキャベツ、もやし、豚肉などの具を混ぜずに乗せたり挟んだりして焼いたもので、さらに個別に作った焼きそば(中華そば)と薄く焼いた卵を合わせるのが特徴。
その発祥も関西風お好み焼きと異なる。戦後の食料事情で季節により生産量が左右していたネギの代わりに、年間を通して安く手に入りやすいキャベツに変更した。昭和30年代になると、当時発売されたインスタントラーメンの影響で、焼きそば(中華めん)やうどんを入れるようになったとされる。

ワニ料理イメージ ワニ料理
ワニ料理とは、広島県三次市や庄原市などの備北地域で食べられる郷土料理の一つ。この場合の「ワニ」とは爬虫類のワニではなく、サメ(フカ)のことを言う。
備北地域は山間部に位置するため、かつては冷蔵手段に乏しく近隣の漁港の魚ですら入手できる量は少なかった。そのため、通常の魚が3日程度しかもたないのに対し、2週間程度保存がきくサメが重宝されるようになっていった。
現在でも、ワニ料理は多くの人に親しまれており、お正月や祭事などのごちそうとして振る舞われているほか、酒の肴としても各家庭で人気がある。

広島菜イメージ 広島菜
広島菜とは、アブラナ科の野菜で白菜のひとつ。主に広島市安佐南区の川内地区で栽培される。
1株が2~3kgと重く葉の幅も広い。株のほぼ全てを広島菜漬として使う事ができる。九州の「高菜」、信州の「野沢菜」と共に日本の「三大漬け菜」の一つとして知られている。堂々たる風格と程良い歯切れ、豊潤な風味から「漬け菜の王様」とも称される。

美酒鍋イメージ 美酒鍋
美酒鍋とは、鶏肉や豚肉、野菜類の具材を、日本酒と塩、胡椒などで味付けをした鍋料理で、東広島市西条地域で食べられる郷土料理。
「鍋」とは言っても調理には鉄板を用いることが多く、汁気をほとんど出さない炒り煮状態で食べる。味付けには日本酒が使われるが、アルコール分が抜けて酒のうまみだけが残るため、お酒が苦手な人や幅広い年齢層の人でも食べられる。

1・234