和歌山県の郷土料理

うつぼ料理イメージ うつぼ料理
うつぼは、ゼラチン質を多く含み旨味があるものの、小骨が多いことからさばくのが難しく、高知県や五島列島、和歌山県の正月料理向けなど、日本ではごく一部地域でのみ食べられている。
代表的なうつぼ料理は、うつぼの唐揚げやうつぼのタタキなどで、その他にもうつぼの刺身、うつぼの兜煮、うつぼの干物、うつぼの煮凝り、うつぼのスープなどで食べられている。

梅びしおイメージ 梅びしお
梅びしおとは、裏ごしした梅干に砂糖を加えて煮込んだ、甘辛く酸味のある調味料の事。
和えるなどして、様々な料理に使用される。

クエ鍋イメージ クエ鍋
クエを使った鍋料理。クエは、体長1メートル以上に達する大型魚。和歌山県日高町はクエの町として知られ、1年を通して漁獲される。近年は養殖も行われている。
クエは鍋料理の他、刺身やひれ酒などとしても親しまれ、クエを使った料理は日高町を代表する郷土料理となっている。

鯨の竜田揚げイメージ 鯨の竜田揚げ
鯨の竜田揚げとは、適当な大きさに切った鯨肉を、しょう油と生姜汁に漬けて下味を付けた後、片栗粉にまぶして油で揚げた料理。
日本での本格的な捕鯨の起源は江戸時代。和歌山県太地町の太地角右衛門が、網での捕鯨を考案したのが最初とされるが、奈良時代の文献に既に鯨肉贈答の記述があることから、鯨を食べる習慣はそれよりもずっと古い時代からあったと言われている。
2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、和歌山県の郷土料理として「めはり寿司」と共に選ばれている。

金山寺味噌イメージ 金山寺味噌
にゅうめん(入麺、煮麺)とは煮たそうめんの事で、つゆで煮込んだり、または煮込んだそうめんに温かいつゆをかけて食べる奈良県の郷土料理。
特に大和地方は手延べそうめんの発祥地と言われる。にゅうめんの名は、「煮麺」がなまったもの。えび、椎茸、なす、湯葉などが具材に使われる。

1・2345