奈良県の郷土料理

胡麻豆腐イメージ 胡麻豆腐
胡麻豆腐とは、奈良県および和歌山県の郷土料理で精進料理のひとつ。吉野地方、高野山などのお土産物店や道の駅などで販売されている。また、禅寺などの精進料理での定番料理としても知られる。主な原材料は胡麻と吉野葛で、「豆腐」と呼ばれているが大豆は含まれない。
皮をとり、すりつぶした胡麻と葛粉を水で溶いて火にかけて練り、豆腐状に冷やし固める。味付けとして、砂糖または出汁を加える場合もある。
そのまま冷奴として食べるのが一般的で、お好みでわさび醤油、たれをかける。

わらび餅イメージ わらび餅
わらび餅とは、わらび粉に水や砂糖を加えて加熱しながら混ぜ、冷やして固めた夏の和菓子。古くより、わらびの根に含まれるでんぷんから作るわらび粉が使われたため、この名がついたとされる。
生地は透明で、きな粉や黒蜜をかけて食べる。奈良はわらび粉の名産地である事から、わらび餅は奈良名物として足利時代より親しまれてきた。当時は上流階級者しか食べられなかった高級品だったとされる。
現在では原料の採取や製造に手間がかかるため、わらび粉の代わりにさつまいもやタピオカから取られたでんぷん、あるいは葛粉を材料にして製造されている。

三輪そうめんイメージ 三輪そうめん
三輪そうめんとは、奈良県桜井市を中心とした三輪地方で生産されているそうめん。三輪地方はそうめん発祥の地とも言われ、三輪そうめんはこの地方の名産品となっている。
原料に小麦粉を使い、寒さの厳しい時期に作られる手延べそうめん。細長いながらコシのある独特の歯ごたえが特徴。
夏は冷やしそうめんとして、冬は温かいにゅうめんとして三輪地方では一年中食べられている。
奈良時代に中国より伝来し、三輪地域で作られたのが発祥とされる。江戸時代には、「大和三輪索麺名物なり。細きこと糸のごとく、白きこと雪のごとし」とたたえられ評判となり、全国的に広く知られるようになった。

葛切りイメージ 葛切り
葛切りとは、葛粉に砂糖を加え水で溶かして加熱し、その後冷やして板状にのばし、うどんのように細長く切った麺状の食べ物。冷して蜜をかけて食べたり、乾燥したものを鍋料理の具として用いたりする。
葛粉は非常に高価で供給量も少ないため、葛を原料に用いず、代わりにじゃがいも澱粉などを原料にして葛切りを模した食材が一般に使われるようになっている。
葛粉には血行促進や体の保温などの薬効があり、古くより治療薬として風邪薬(葛根湯)や胃腸薬として利用されてきた。
最近では、自然食品や健康食品などとして注目を集めている。

にゅうめんイメージ にゅうめん
にゅうめん(入麺、煮麺)とは煮たそうめんの事で、つゆで煮込んだり、または煮込んだそうめんに温かいつゆをかけて食べる奈良県の郷土料理。
特に大和地方は手延べそうめんの発祥地と言われる。にゅうめんの名は、「煮麺」がなまったもの。えび、椎茸、なす、湯葉などが具材に使われる。

1・234