大阪府の郷土料理

てっさイメージ てっさ
てっさとはフグの刺身の事。関西でフグは、その毒が当たれば命が危ないという事から「てっぽう」と呼ばれており、「てっぽう刺し」を略し「てっさ」と呼ばれるようになったとされる。
ふぐの身は繊維質であることから、通常の刺身の厚さでは噛み切りにくいため、盛り付ける皿の絵柄がすけて見えるほど薄切りにする。
ぽん酢で頂くのが一般的で、お好みで「もみじおろし」なども薬味として使う。
ふぐ刺しの盛り方は、大きい円形の皿に刺身を平たく円盤状に盛り付ける「べた盛り」が一般的。その他、見た目にも楽しめるように「鶴盛り」「菊盛り」「孔雀盛り」「牡丹盛り」などという盛り方もある。

肉吸いイメージ 肉吸い
肉吸いとは、肉うどんからうどんを抜いたもので、かつおや昆布等からとっただしに、牛肉と半熟卵を入れた大阪名物。卵抜き、または豆腐が入ったものもある。
うどんのだしに肉が入っているので「肉の吸い物」と呼ばれ、それが短くなり「肉吸い」と呼ばれるようになった。
難波千日前にあるうどん屋「千とせ」が発祥。間寛平などの師匠として知られる吉本新喜劇の俳優・花紀京が二日酔いの際、軽く食事をしたかったために「肉うどん、うどん抜きで」と注文した所、店主がそれに応じたのが始まり。その後、口コミで広まり人気メニューとなった。

白味噌雑炊イメージ 白味噌雑炊
白みそ雑煮とは、白味噌汁に丸もちを入れ、形を整えて切った大根、にんじん、里芋などを加えたお雑煮で、大阪に伝わる伝統的な郷土料理。
お正月に食べられる事が多い。具材の形を丁寧に整えるのは「角が立たないよう、丸くする」との意味が込められている。2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、大阪府の郷土料理として「箱寿司」と共に選ばれている。

箱寿司イメージ 箱寿司
箱寿司とは、海老、鯛の切り身、穴子などの具材と酢飯を木製の押し型に詰めて作る押し寿司の事で大阪寿司の1つ。
大阪の老舗寿司屋「吉野寿司」が鯛や海老、穴子など高級食材を用いた寿司として考案し、もてなし料理として定番となった。
現在では、前日からの仕込みが必要となるなど手間がかかる事から提供するお店は減少しつつあるが、今もなお伝統の味として引き継がれている。
2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、大阪府の郷土料理として「白みそ雑煮」と共に選ばれている。

たこ焼きイメージ たこ焼き
たこ焼きとは、小麦粉を水かだし汁で溶いたものを、専用の鉄板に流し込み、中に細かく刻んだタコ、えび、粉末かつお、青のり、紅しょうが、ネギなどを入れて丸く焼き上げた大阪発祥の食べ物。
大阪にはかつて、しょう油で食べる「ちょぼ焼き」という物があり、それがたこ焼きのルーツと考えられている。昭和初期頃より、たこ焼きは縁日などの屋台で売られるようになり、終戦後は東京など大阪以外の都市でも見られるようになった。
現在、関西ではたこ焼き器が広く普及しており、昼食や夕食としての他、おやつなどとしても食べられる事が多い。

1・234