新潟県の郷土料理

わっぱ煮イメージ わっぱ煮
わっぱ煮とは、薄い杉の板を曲げて作った容器「わっぱ」の中に、焼き魚、ねぎ、味噌、水を入れ薪でよく熱した石を落とし、その熱で具を煮立たてて食べる新潟県粟島に伝わる郷土料理。

寒造里イメージ 寒造里
かんずりとは、唐辛子を雪の上でさらしてアクをぬき、辛味が柔らかくなったものをすりつぶして、麹、塩、ゆずなどを加えて作る、新潟県妙高市に伝わる、香辛料のひとつ。
控えめの辛味、塩気、麹の甘み、ユズの香りが特徴。鍋料理のポン酢に加えたり、焼肉、冷や奴、ラーメンの薬味など、幅広い料理に用いる事ができるほか、そのままで酒の肴にすることも。ガラス瓶などに入ったものが市販されている。

ひこぜんイメージ ひこぜん
ひこぜんとは、新潟県三条市下田地区に伝わる冬の郷土料理。
地元産のコシヒカリを潰してわらじ形に整え、矢の竹の部分に刺して一度炭火で焼いた後、青紫蘇の一種の「エゴマ」を炒ってすり潰す。その後、酒・みりん・砂糖などと一緒に混ぜた味噌「イグサ味噌」を表面に塗って、炭火で軽く炙り直して完成。かつて、冬場に狩りに出ていた猟師達が保存食として持ち歩いていた料理とされ、現在でも地元の山間部などを中心に食べられている。
信州・東海地方の五平餅や、秋田のきりたんぽに近い。

笹団子イメージ 笹団子
笹団子とは、あん入りのよもぎ団子を数枚の笹の葉で包んで、い草などの紐で結んで蒸した新潟県を代表的する和菓子。上半分だけをむいた状態でバナナのように食べるのが一般的。
笹の葉には防腐作用や殺菌効果があり、笹の葉効果で食べ物が日持ちする事から、戦国時代頃より保存食として食べられていたとされる。また、上杉謙信が考案したという説もある。
中に入れるのは一般的には小豆あんだが、一部地域ではこれを「女団子」と呼び、きんぴらを中に入れる「男団子」との2種類が存在する。
かつては梅やおかかなどおにぎりのように中に色々な具を入れて食べられていた事もあった。中があんこ以外のものを「あえもんだんご」と呼び、皮だけの物をあんを子にたとえ中に宿らないことから「男だんご」と呼ぶ地域もある。以前は端午の節句の供物とされた。現在では新潟名物としてお土産品として販売されている。
また、茨城県名物の和菓子「ちまき」のルーツはこの笹団子であるという説もある。

笹寿司イメージ 笹寿司
笹ずしとは、笹の葉の上に一口大の寿司飯をのせ、その上に山菜などの具材や薬味をのせた郷土料理。現在では新潟県全域のほか、長野県の一部でも食べられている。
具材は、わらび、竹の子、ぜんまいなどの山菜や、くるみ、人参、ひじき、油揚げなどが使われる。薬味には、紅しょうがをあしらうのが一般的。
しかし、川魚や錦糸卵、そぼろなどを乗せる地域もあるなど、各家庭や地域によってその具材は異なる。また、具材を寿司飯に混ぜる地域もある。
新潟県上越地方では笹の葉を箕の形に折って作り、箕寿司と呼ぶ地域もある。
2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、新潟県の郷土料理として「のっぺい汁」と共に選ばれた。

1・23