茨城県の郷土料理

水戸藩らーめんイメージ 水戸藩らーめん
水戸藩らーめんとは、茨城県水戸市で販売されているご当地ラーメン。1993年に町おこしとして、水戸市の製麺業者が販売をはじめたもので、日本で最初にラーメンを食べた人物と言われる「水戸黄門様」こと徳川光圀公が、中国から招いた儒学者から伝授された中国麺を再現したもの。
麺にレンコン粉を練りこんで作るのと、にら、らっきょう、ねぎ、にんにく、しょうがという「五辛」と呼ばれる薬味を添えるのが特徴である。

そぼろ納豆イメージ そぼろ納豆
そぼろ納豆とは、納豆に塩漬けにした切り干し大根を混ぜ、しょう油等の調味料で味をつけた茨城県の郷土料理。小粒の大豆が特徴で、保存食として水戸地方の農家で作られた。「おぼろ納豆」「しょぼろ納豆」とも呼ばれている。そのまま酒の肴として、またご飯にかけたり、お茶漬けなどにして食べるなど様々な食べ方が楽しめる。
また、全国的に知られる水戸納豆の発祥は、明治以降に遡り、水戸線の開通に伴いお土産として売られた天狗納豆が、観光地などで販売され広まり納豆の産地として知られる事となった。
2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、茨城県の郷土料理としてあんこう料理(あんこう鍋)と共に選ばれている。

あんこうの供酢イメージ あんこうの供酢
北茨城市の平潟では,昔からあんこうがたくさんとれ、家庭でも手軽につるし切りをして、調理されてきました。
味噌は、冷蔵庫内で1~2昼夜熟成させると味がなじみます。

いわしのさつま揚げイメージ いわしのさつま揚げ
漁港として発展してきたこのあたりでは、いわしの水揚げが全国でも上位を占めています。
そこで、いわしが浜に揚がると、丸干しやすり身にしたりと、いろいろと工夫しています。

栗入り五目がんもイメージ 栗入り五目がんも
笠間市(旧友部町)では、お祝いや人寄せの時など、がんもどきを煮てもてなす風習があります。
市特産の栗や枝豆を入れ、おからも加えて栄養バランスを考えた手作りのがんもです。

1・23