栃木県の郷土料理

アイソの田楽イメージ アイソの田楽
ウグイの春の産卵期のものをアイソといいます。田楽はアイソの他、川魚全般に利用できる料理法です。
味噌を用いるので生ぐささが抑えられ、川魚が苦手な方にも食べやすくなります。

湯葉イメージ 湯葉
湯葉とは、豆乳を加熱した時に表面にできる膜を、竹串などを使って引き上げた大豆の加工食品のひとつ。
引き上げた湯葉を生湯葉と呼び、料理の材料にするほか、刺身と同様にそのまま食べる。
京都の湯葉は膜の端に串を入れて引き上げるため1枚なのに対し、日光の湯波は膜の中央に串を入れて2つ折りにするように引き上げるため2枚重ねとなる。

宇都宮餃子イメージ 宇都宮餃子
宇都宮市の餃子は、1940年(昭和15年)、宇都宮出身の将兵が帰国に際して本場の餃子の製法を持ち込んだのが始まりと言われる。
にら、ねぎ、キャベツなどをみじん切りにし、ひき肉と一緒によく混ぜ、しょうが汁、塩、こしょうなどで味を調える。餃子のたれは主に酢だけで食べるのが宇都宮流とされる。
栃木県は具材となるにらの生産量が全国トップクラス。また、宇都宮市は一世帯当たりの餃子の購入額が国内トップである事から「餃子の街」として日本全国に知られており、平成5年には「宇都宮餃子会」が発足。町おこしに役立てられている。
現在、市内には餃子専門店、または餃子を扱う店舗が200軒ほどあると言われる。通常の焼き餃子の他、水餃子、揚げ餃子、スープ餃子などさまざまなスタイルの食べ方がある。

イモ串イメージ イモ串
蒸す、または茹でた里芋の皮をむいて串刺にして焼き、味噌だれを塗って食べる栃木県日光、那須地方に伝わる郷土料理。
お正月の料理として、またはおやつとして食べられている。

ちたけそばイメージ ちたけそば
ちたけそばとは、キノコの一種である「乳茸(ちたけ)」と茄子を煮て、しょう油、みりん、砂糖で味付けしたつゆにつけて食べるそばの事。 「乳茸(ちたけ)」は、刻むと乳白色の汁が出ることに由来する。味と香りの良さから麺類のつゆに使われるようになった。 農作業が一段落したときにそばを打ち、ちたけをそばつゆとして食べていたのがはじまりで、現在でも多くの家庭に伝えられる郷土料理。 2007年、農林水産省により農山漁村の郷土料理百選に、栃木県の郷土料理として「しもつかれ」と共に選ばれている。

1・2