群馬県の郷土料理【2】

鏑汁イメージ 鏑汁
地元特産のこんにゃく、ねぎ、しいたけ、里芋等の季節の野菜をたくさん入れた汁に、日本一のぐんまの繭をイメージした白玉粉を繭形のだんごにして浮かせたものです。
「鏑」は、荒船山に源を発した、主に富岡市と甘楽郡を流れ、地域の誰からも親しまれている鏑川から取りました。

釜めしイメージ 釜めし
今ではドライブイン、サービスエリアで発売されています。
買ったばかりではほっかほかですが、冷めてもとても美味しいのです。きさる的駅弁No.1と言ってもいいでしょう。
今では釜飯人気に便乗して釜飯君ストラップやボールペン、小釜飯の器に漬け物やアイスの入ったものが売っています。

かみなり重イメージ かみなり重
かみなり重はナマズの天重で、群馬県奥平温泉「遊神の湯」にて提供されています。
ボリュームもあり、若者にも人気のメニューです。

しし鍋イメージ しし鍋
おっきりこみとは、煮込み麺料理の一種で、手打ちの麺を、季節の野菜類と一緒に煮込む群馬県を代表する郷土料理。
二毛作での小麦生産が盛んな地域では、うどんなどの粉食料理を常食する文化が根付いており、おっきりこみもそのひとつ。
「お切り込み」「煮ぼうとう」「ほうとう」とも呼ばれる。また、埼玉県北部でも見られる。

下仁田ねぎコロッケイメージ 下仁田ねぎコロッケ
家庭の味であるコロッケに、甘楽富岡地区で多く生産されている、下仁田ねぎを入れたものです。
おやつとしても、ご飯のおかずとして人気のあるコロッケに、下仁田ねぎを入れることにより、昔懐かしい近所のお肉屋さんのコロッケを思い出すものです。

1・2・3