秋田県の郷土料理

横手焼きそばイメージ 横手焼きそば
横手やきそばとは、太めのストレートな角麺に、キャベツや豚肉、またはホルモンを具材に、比較的甘口のソースで作る焼きそば。トッピングに目玉焼きをのせ、福神漬を添えるのが大きな特徴。
秋田県横手市周辺で売られており、「富士宮やきそば」「上州太田焼きそば」と並び、「日本三大やきそば」の一つに数えられる。

ババヘライメージ ババヘラ
ババヘラとは、主に夏の時期に露店で売られているアイスクリーム。
中年女性が「ヘラ」でアイスクリームを盛りつける事からこの名が付いた。幹線道路そばやお祭り会場などで売られている事が多い。

クジラかやきイメージ クジラかやき
クジラかやきとは、くじらの肉を使った鍋料理。鍋物にしてはめずらしく夏場に食べられるのが一般的。くじら汁とも呼ばれる。
具材には、鯨肉、茄子、山菜などが使われ、これらを味噌で味付けし、卵をかけて食べる。

稲庭うどんイメージ 稲庭うどん
稲庭うどんのルーツには諸説ありますが、藩政時代より、秋田藩の名品として御用達になり、各藩への贈答品に使われていたとされます。
独特の製法により、茹で上がりが早く、コシが強く、非常にのどごしが良いのが特徴です。 季節に応じて、温麺や冷やし麺で食べます。

しょっつる鍋イメージ しょっつる鍋
昔しょっつる鍋は、帆立の殻を鍋の代わりに使っていたので「塩魚汁貝焼き(しょっつるかやき)」ともいいます。
塩魚汁とは魚の塩漬けに重石をし、上澄みの汁をとったもので、現在の魚醤のことです。秋田ではハタハタが大量に獲れたため、生で食べきれない分を原料にして魚醤をつくっていました。この魚醤を使ってハタハタや鱈、カレイ、小鯛などの白身魚に野菜を入れて仕上げた鍋がしょっつる鍋です。

1・23